1. HOME
  2. ブログ
  3. 台湾茶の淹れ方
  4. 立て方の順序

立て方の順序

1. お湯を準備します。お湯を沸かしてお茶を淹れるのに良い温度にします。
烏龍茶なら90℃~95℃が最も良いでしょう。

2. 急須を温めます。沸騰したお湯を急須に注ぎ、温めます。
熱いお湯で温めた急須は、入れた茶葉をのびのびとひらかせる事ができますし、その後茶葉の香りを楽しむのにも良いでしょう。

3. 茶葉を準備します。茶荷に適量の茶葉を用意します。4

. うつしを温めます。急須を温めたお湯をうつしに注ぎ、うつしを温めます。
これも香りを留め、お茶の温度を保つのに役立ちます。

5. 茶葉を入れます。適量の茶葉を急須に入れます。
高山烏龍茶は緊密に丸まった形をしていますので、急須の三分目程の量とします。

6. 湯呑を温めます。うつしを温めたお湯を湯呑に注ぎ、温めます。
湯呑を温めるとやはり香りを留めるのに役立ちます。

7. お茶を淹れます(時間を計りながら)。適温のお湯でお茶を淹れます。
お湯を注いで約60秒待てば、お茶をうつしに注ぐ事ができます。

8. お茶を賞味します。お茶が入ったらうつしに注ぎ、又うつしから湯呑に注ぎ、続いてお客様にお出しします。

9. 二煎目を淹れます。再び高山烏龍茶にお湯を注いで待ちます。
二煎目の待ち時間は約40秒にして下さい。
その後三煎目以降は10~15秒ずつ長くして下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。